顔ニキビ 洗顔

ニキビを作らない肌にするために大切な洗顔

気がつくとポツリと消えたかと思うとポツリポツリと増えては痕まで残していく憎きニキビ。
何も知らずにいた頃は、取り敢えずニキビ用の化粧品でも肌に塗っておけば治るものかと思い込んでいました。

 

現実には、なかなか治るのに時間もかかります。
そうならない為にも事前にニキビを防ぐ事が痕を残さない様にする上でも重要なポイントだと思います。

 

まず、見直さなくてはいけないのが洗顔です。
適当に泡立てた泡では顔を洗ったとは言えません。きめの細かいふわふわとした弾力のある泡を作ります。
そして泡を潰さない様に優しく洗ってあげます。すすぎもとても大切で、髪の生え際まで残さずきれいにすすぎます。

 

泡が残ったりしていると、そこからまた菌が繁殖しニキビの原因となります。
ニキビが出来るから脂性肌だと思っていると、
以外に乾燥肌でもあり潤いを保とうと自らの皮脂分泌が過剰となりニキビを作り出してしまっている事も割と多いのです。

 

そのため、水分を与えてしっかりと化粧水で保湿をする事も大切です。
ベタつくのが嫌だと化粧水だけで終わりにしてはいけません。
せっかく与えた水分が蒸発しない様に乳液やクリームなどでしっかりと蓋をしてあげましょう。
ベタベタとつけすぎる心配はいりません。

 

気になる様であれば、化粧水を乳液に少し混ぜて全体に油分が覆うようにつける事でつけ過ぎや不快感は解消出来ると思います。
基本をしっかりと行って行けば驚く位にニキビを予防できるのではないかと思います。