背中 洗い方 洗い残し

背中を清潔に。お風呂での洗い方や洗い残しについて

背中というのは、自分で見えないために、気づいたときには大量のニキビが…なんてことも少なくありません。
背中は顔のように化粧をしないし、服を着ているので紫外線によるダメージも受けづらいので、ニキビができづらいと思われがちですが、そこが落とし穴なのです。

 

ニキビができないと思って、念入りに背中を洗わずケアを怠ると、ニキビ跡でいっぱいになり、水着になれないという事になるかもしれません。

 

背中のニキビの原因は何でしょう。

 

それは、夜寝ている間の汗が刺激となり、吸湿性の悪い下着によりムレてしまうためだったり、
お風呂で髪を洗った時のシャンプーやトリートメントが背中に流れ落ち、きれいにすすがれないことによる刺激だったり、
冬場の乾燥が原因だったり、ストレスや甘いものを大量に摂取したせいだったり、様々です。

 

一番大切なのは、汗をかいたり、汚れた後にしっかりと洗い、乾かしてからきちんと保湿することなのですが
、汗をかくたびにシャワーを浴びることはなかなかできないものです。

 

そこで、吸湿性の高い下着をつけることがおすすめです。

 

ブラジャーによる刺激も極力少なめにして、ダメージを最小限に抑えることが大切なのです。

 

お風呂に入るときは、背中を優しく洗いましょう。洗い残し、
すすぎ残しもまた刺激となってしまうので、スポンジよりも、きちんと洗える長さのあるタオルや良質の手ぬぐいなどがいいかもしれません。

 

また、シャンプーによる刺激をなくすために、頭を洗ってから体を洗うようにするといいでしょう。

 

清潔にし、ダメージを抑えることで、ニキビの発生を減らせます。